落ちこぼれ国を出る ~実は世界で4人目の付与術師だった件について~ 漫画1巻あらすじ・感想と無料試し読み

召喚・転生

来訪ありがとうございます。

ユーリ@異世界マンガソムリエ です。

 

このページでは『落ちこぼれ国を出る ~実は世界で4人目の付与術師だった件について~』の コミック1巻の見どころを紹介します。

『落ちこぼれ国を出る ~実は世界で4人目の付与術師だった件について~』は、実家では無能扱いされていた主人公ジンクが追放されたショックから前世の記憶を思い出し、実はスキル持ちだと判明。その事実は伏せたまま言いつけ通り国を出て、冒険者として自由な生活を得てどん底からの成り上がる作品です。

 

「興味あるけど買うか迷う」「表紙はわかったけど中の絵はどうなんだろう?」と、中身が気になる方は、ebookJapanという日本最大級品揃えの電子書店がオススメです。ebookJapan では 落ちこぼれ国を出る ~実は世界で4人目の付与術師だった件について~の冒頭が無料で試し読みできます。

↓↓↓ebookJapanで無料で試し読みする?↓↓↓

落ちこぼれ国を出る ~実は世界で4人目の付与術師だった件について~ を読むにはこちらから

感想

国外追放のショックから前世の記憶が蘇り、実はチートスキル持ちだということが発覚し、そこから成り上がる追放系の作品です。

正直、1巻はプロローグ的な状態で、この作品の魅力はまだまだこれからといったところでしょうか。

・実家は”槍術”の名家だけどジンクは才能がなく素行不良

・国外追放を言い渡されたショックで前世の記憶が蘇りチートスキル持ちが発覚

・チードスキルをフル活用してパワーレベリングしながら国外に脱出

 

あらすじ

槍術の才能がないことにグレて素行不良だったジンクは、勘当され国外追放されたショックで前世の記憶が蘇る。

実は付与魔法という世界でも3人しかいない付与魔術師ということが判明するも、このことを隠したまま冒険者として国を出ることに。

他の冒険者と助け合いながら隣国を向かっている最中、高ランク冒険者パーティである”聖なる焔”と出会い、”付与魔術師”であることがバレてしまいます。付与術師は大変貴重な存在で国外脱出するまで秘密にすることを条件に彼らと取引をします。その取引とは・・・

 

一方その頃、エスターはジンクの国外追放の手伝いをしたことにより、外出禁止の罰を受ける。エスターは素行不良だったジンクをなぜここまで慕うのか??

 

無事国外脱出を果たし、クオルタに入国した冒険者ランク昇格試験にて試験官を圧勝。さらに”付与術士”であることを公にする。

”付与術士”であれば、無条件でSランクに昇格できるのに、わざわざ試験官を圧勝して見せた理由とは??

 

漫画の最新巻を無料で読めるお得な方法

「続きが気になる!」「実際に漫画で読んでみたい!」という方に、いまなら実質無料で読める方法をお伝えしたいと思います。

それはU-NEXTの無料トライアルに登録する方法です。

U-NEXTの無料トライアルに登録することで、31日間最新刊を無料で読むことがでます。

↓↓↓U-NEXTの無料トライアル登録ページにアクセス↓↓↓

U-NEXT無料トライアル登録はこちらから

 

無料トライアル期間中は、落ちこぼれ国を出る ~実は世界で4人目の付与術師だった件について~の最新刊以外にも動画や他の漫画なども色々と楽しんでみてくださいね。スマホでも見ることができるので、外出先でも気軽に楽しめるかと思います。

もし、「なんか違った」「色々と試したから、もうお腹いっぱい」「もう見たい作品がない」という方は、無料トライアル期間中であれば、途中解約しても違約金は発生しません。これ、結構大きいですよね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は 『落ちこぼれ国を出る ~実は世界で4人目の付与術師だった件について~』 コミック1巻の見どころについて紹介しました。

1巻はまだまだプロローグといったところですね。これからジンクがどのように成り上がって行くかが楽しみですね。

 

「興味あるけど買うか迷う」「表紙はわかったけど中の絵はどうなんだろう?」と、中身が気になる方は、ebookJapanという日本最大級品揃えの電子書店がオススメです。ebookJapan では 落ちこぼれ国を出る ~実は世界で4人目の付与術師だった件について~の冒頭が無料で試し読みできます。

↓↓↓ebookJapanで無料で試し読みする?↓↓↓

落ちこぼれ国を出る ~実は世界で4人目の付与術師だった件について~ を読むにはこちらから

Amazonユーザー向けにAmazonのリンクも貼っておきますね。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

異世界マンガソムリエ・ユーリでした。

コメント