二度目の人生を異世界で漫画1巻のあらすじ・感想と無料試し読み

召喚・転生

ご来訪ありがとうございます。

ユーリ@異世界マンガソムリエ です。

このページでは 『 二度目の人生を異世界で 』の コミック1巻の見どころを紹介します。

こちらの作品は、 94歳の大往生をした末、異世界に転生したレンヤが仲間たちと共に、冒険者として活躍していく王道ストーリーです。

「興味あるけど買うか迷う」「表紙はわかったけど中の絵はどうなんだろう?」と、中身が気になる方はebookJapanという日本最大級品揃えの電子書店がオススメです。ebookJapan では『 二度目の人生を異世界で 』の冒頭が無料で試し読みできます。

もし、興味をもたれたら、ぜひこの機会に読んでみてくださいね。

↓↓↓ebookJapanで無料で試し読みする?↓↓↓

二度目の人生を異世界で を読むにはこちらから

あらすじ

94歳の大往生の末、亡くなった主人公レンヤが、神を名乗る幼女から「異世界に転生して二度目の人生を送って欲しい」と依頼され、異世界にて二度目の人生を送ることに。

異世界に転生したレンヤは、僧侶見習いのローナ=シュヴェリエ、騎士見習いのシオン=ファム=ファタールと出会います。異世界ことを何も知らず、一文無しのレンヤは彼女たちと一時的なパーティーを組み、ゴブリン退治の依頼に挑み達成。

そして依頼達成の報告のため、彼女たちの本拠地商業都市ククリカに移動します。無事に依頼を達成したレンヤたちですが、シオンから「パーティーに入って欲しい」と言われますが即答できず。

その夜、レンヤの元にローナが現れ・・・

気になった点

”94歳の大往生”という設定の必要性があるのか疑問です。そして「なぜ、記憶を全て消す必要があった?」ということです。

おそらく、何らかの理由で記憶を消したのでしょうが・・・。記憶を消したが、性格など本質はそのままなようなので、18歳なの”頑固じいさん”みたいな謎のキャラになっています。

記憶を消された以外は典型的な俺TUEEEEです。そのため、受け付けない人は受け付けないかもしれません。ただ、なろう系の王道展開ですので、好きな人は好きでハマると思います。

漫画の最新巻を無料で読めるお得な方法

「続きが気になる!」「実際に漫画で読んでみたい!」という方に、実質無料で読める方法をお伝えしたいと思います。

それはU-NEXTの31日間無料トライアルに登録する方法です。

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると600円分のU-NEXTポイントをプレゼントが付与されるので、そのポイントを利用することで31日間最新刊を読むこと可能なんです。

 

↓↓↓U-NEXTの31日間無料トライアル登録ページにアクセス↓↓↓

U-NEXT31日間無料トライアル登録はこちらから

もし、「なんか違った」「色々と試したから、もうお腹いっぱい」「もう見たい作品がない」という方は、無料トライアル期間中であれば、途中解約しても違約金は発生しません。これ、結構大きいですよね。

——————————————————————————————————————
本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
——————————————————————————————————————

良かった点

王道ストーリーです。そのため、王道が好きな人はハマること間違いなし。

転生された直後から物語がスタートしますので、「なんで転生したんだ?」「レンヤって何者?」というのがわかりません。話が進むにつれて、レンヤの正体や神様の思惑などが明らかになってきます。そのため徐々に引き込まれていく魅力がありますね。

出てくるキャラクター達の表情は豊かですし、ヒロインたちはかわいいです。絵に動きもあり見ていて飽きることがないです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は 二度目の人生を異世界で 漫画1巻の見どころネタバレについて紹介しました。

94歳の大往生の末、異世界に転生したレンヤが、異世界で身体が記憶していた前世の技術で無双していく物語です。これからの展開が楽しみですね。

「興味あるけど買うか迷う」「表紙はわかったけど中の絵はどうなんだろう?」と、中身が気になる方はebookJapanという日本最大級品揃えの電子書店がオススメです。ebookJapan では『 二度目の人生を異世界で 』の冒頭が無料で試し読みできます。

もし、興味をもたれたら、ぜひこの機会に読んでみてくださいね。

 

↓↓↓ebookJapanで無料で試し読みする?↓↓↓

二度目の人生を異世界で を読むにはこちらから

 

Amazonユーザー向けにAmazonのリンクも貼っておきますね。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

異世界マンガソムリエ・ユーリでした。

コメント