左遷された最強賢者、教師になって無敵のクラスを作り上げる コミック1巻 あらすじ・感想と無料試し読み

解雇系

ご来訪ありがとうございます。

ユーリ@異世界マンガソムリエ です。

このページでは『左遷された最強賢者、教師になって無敵のクラスを作り上げる』の コミック1巻の見どころを紹介します。

 

この作品は、最年少で賢者の称号を持つキースが、無能な上官を殴り左遷された先の騎士学園で一癖も二癖もある生徒たちを最強のクラスに育てていくストーリーとなっています。

 

左遷された最強賢者、教師になって無敵のクラスを作り上げる コミック1巻は、eBookJapanで冒頭が無料で試し読みできます。

もし、興味をもたれたら、ぜひこの機会に読んでみてくださいね。

↓↓↓ebookJapanで無料で試し読みする?↓↓↓

左遷された最強賢者、教師になって無敵のクラスを作り上げる を読むにはこちらから

あらすじ

人類の存続を脅かす”魔物”を討伐する騎士団に所属しているキースだったが、無能な上司に口答えした挙げ句、殴ってしまい王立騎士学校に左遷されたところから物語が始まります。

人を育てた経験もないキースですが、自身の目的、1学年上で現在は王立騎士学校の理事長であるセレーネの願いを叶えるために全力で教師業を全うすることを誓います。

しかし、「騎士団をクビにるような人から自分たちは立派な騎士になれるのか?」といきなり学級崩壊の危機が起きますが、生徒全員 対 キースの模擬戦を提案します。

はたして模擬戦の結果やいかに・・・

 

良かった点

異世界ファンタジーで、教師となって生徒を強キャラに育成するストーリは結構珍しいかなと思います。

そして学園モノといえば、個性豊かな生徒たちですね。

キースの受け持つクラスの生徒も例外じゃありません。

学年1位で父親も最強と名高い騎士団の団長の貴族の子、平民出身の一見なんの才能もなさそうな子など様々な生徒がいます。

生徒たちの”個性”をどのように組み合わせて行くのか、今後の展開が楽しみなところです。

漫画の最新巻を無料で読めるお得な方法

「続きが気になる!」「実際に漫画で読んでみたい!」という方に、実質無料で読める方法をお伝えしたいと思います。

それはU-NEXTの31日間無料トライアルに登録する方法です。

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると600円分のU-NEXTポイントをプレゼントが付与されるので、そのポイントを利用することで31日間最新刊を読むこと可能なんです。

 

↓↓↓U-NEXTの31日間無料トライアル登録ページにアクセス↓↓↓

U-NEXT31日間無料トライアル登録はこちらから

もし、「なんか違った」「色々と試したから、もうお腹いっぱい」「もう見たい作品がない」という方は、無料トライアル期間中であれば、途中解約しても違約金は発生しません。これ、結構大きいですよね。

——————————————————————————————————————
本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
——————————————————————————————————————

気になった点

流れが既視感があるというか、テンプレ展開かなと。

・無能な上司を殴って左遷させられる

・王子や学校理事長となかよしで、賢者という称号持ちの強キャラだった

・学校の教師になる

・とりあえず生徒をフルボッコ

・え?教科書?その内容は古いから俺が教えてやるよ

・まずは手始めに学園1位取りにいくぞ

ただ、テンプレ感はありますが、しっかりと伏線がはられたり、謎が散りばめられてますので読んでいて飽きることはありませんよ。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は 『左遷された最強賢者、教師になって無敵のクラスを作り上げる』 コミック1巻の見どころについて紹介しました。

左遷された最強賢者は、教師となって個性豊かな生徒たちを育てていく物語です。1巻では主要キャラクターたちの顔見せと、キースの実力を垣間見れる内容になっています。今後どのように生徒たちを鍛えていくのかが気になるところですね。

 

なお、『左遷された最強賢者、教師になって無敵のクラスを作り上げる』コミック1巻は、eBookJapanで冒頭が無料で試し読みできます。

もし、興味をもたれたら、ぜひこの機会に読んでみてくださいね。

↓↓↓ebookJapanで無料で試し読みする?↓↓↓

左遷された最強賢者、教師になって無敵のクラスを作り上げる を読むにはこちらから

 

Amazonユーザー向けにAmazonのリンクも貼っておきますね。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

異世界マンガソムリエ・ユーリでした。

コメント